yugusuki’s blog(ゆぐすきブログ)

ウェルネスに興味ある中年男性のいろいろブログです

昔のスポーツ選手と明らかに違う今のアスリート

アメリカで多くの野球選手が活躍している他、他のスポーツでも世界の国で活躍している選手がいます。

 

近年、日本のスポーツ選手たちの活躍は、目覚ましいですね。

特に、国際大会で、多くの選手が素晴らしい成績を残しています。

 

昭和や平成なら、日本を背負って世界に出た感があり、プレッシャーでガチガチになる選手が多くいたと思います。

それは、周囲の人間が(悪気なく)プレッシャーを与えていたことが原因でしょう。

マスコミも含めて。

 

でも、今の選手は違います。

強さの秘密は、スポーツを楽しむ姿勢と、科学的なトレーニング方法にあると言えるでしょう。

 

 

(スポーツを楽しむ姿勢)

トップ選手たちは、競技にプレーして「楽しむ」という姿勢を持ち続けています。

どこかで「好き」でないと、重圧や厳しいトレーニングに耐えられません。

 

自己実現のために必死に頑張るだけでなく、プレー自体を楽しんでいる、と分析します。

そうした姿勢が、緊張しない選手を生んでいます。

余計な力が入らず、フォームを崩すこともありません。

 

アメリカで活躍している野球選手、どう見ても(いい意味で)野球小僧にしか見えません。

心地よい緊張感の中で能力を最大限に発揮しています。

 

楽しむ姿勢を忘れずにいることで、緊張しない試合が可能になり、実力を発揮できるのでしょう。

 

(科学的トレーニング)

もう一つ、科学的なトレーニング方法です。

最新の研究結果を取り入れ、不要なトレーニングはバッサリと削ぎ落としています。

昭和の根性論なんかどこ吹く風

 

効率よく、合理的な方法で鍛錬にはげみます。 

 

そのスポーツ種目に適した体の使い方を徹底的に分析し、最適なトレーニングメニューを組んでいきます。

無駄なメニューを排除することで、パフォーマンスを最大限に高められます。

 

また、ビデオ分析など最新の技術を活用し、自身のパフォーマンスを科学的に検証し、改善点を見つけ、さらにトレーニングに生かせます。

 

このように、不要なトレーニングを排除し、合理的な方法を実践して、効率よく実力を伸ばせます。

 

トレーニングだけでなく、選手たちは試合での姿勢、メンタル面にも気を配っています。

楽しむ心と緊張しない構えを持ち続けられているからこそ、実力を発揮できます。

 

あと、インタビューに対して自分の言葉で回答できる人が多いです。

頭の回転の速さを感じます。

これも、素質というよりは「訓練」(慣れ)でしょう。

 

科学的なトレーニング、プレーを楽しむ姿勢、これらの両立が、日本のスポーツ選手を強くしている、と分析します。

 

余計なプレッシャーを与えずに、ここぞというアドバイスだけを与えるのが、経験者の役割なのかもしれません。