yugusuki’s blog(ゆぐすきブログ)

ウェルネスに興味ある中年男性のいろいろブログです

チャイって飲み物はスパイシーなのにほっこり系

ストレスがかかると、人それぞれいろんな逃避行動を始めます。

 

食欲が爆発する人、お酒が飲みたくなる人、とにかく眠りたい人など。

 

私の場合、どれにも当てはまるのですが(笑)、特に特徴的なのは、何か刺激感のあるものを食べたい、飲みたい、という気持ちが強くなる点です。

 

どこか南国にでも行って体験するような食べ物、飲み物が欲しくなります。

 

具体的には、インドのチャイが飲みたくなります。

日本では紅茶にスパイスを入れるという発想がないため、めったにお目にかかれません。

インド料理店にはありますけど。

 

でも、甘くて、スパイシーな紅茶は、休憩時に飲みたくなる飲み物なのです。

 

本来は、安めの紅茶の葉っぱを煮詰めながら、特定のスパイスを加えて作るのがチャイなのだそうです。

 

でも、仕事の合間にそんなことしてられません。

粉末状のインスタントチャイもありますが、甘すぎる場合が多いと思います。

 

そこで、自作チャイにチャレンジしたのです。

紅茶はティーバッグで代用するとして、あとはスパイスをどうするかが問題ですね。

 

いろいろと調べると、

シナモン、カルダモン、クローブ、必要に応じてショウガがあればチャイの雰囲気が出ます。

 

シナモンとショウガは100円ショップで売っていますが、ほかの2つがなかなか見つかりません。

少し高級なスーパーでやっと見つかります。

 

カルダモンとクローブがなければ、オールスパイスという単品のスパイスで代用できそうです。100円です。

 

シナモンは多めに入れて、あとはお好みで少しずつ入れます。

 

濃くなるようにティーバッグで紅茶を作り、スパイスを入れて、さらにミルクを入れます。

 

みごとにチャイですね。

スパイシーなのに甘くてほっこりします。

 

数日間にわたって飲み続けていると、思い始めました。

基本要素である紅茶がなくてもいいのでは?と思ってきました。

ここから科学実験が始まりました

 

きなこドリンクに入れても、ほぼほぼ同じ結果になります。

スパイスが勝つのですね。

 

ということは、あまり味が好みでない飲み物にも応用できるかもしれません。

(スパイスが好きであるという前提はありますけど)

 

おそらく、プロテインでも、バナナジュースでも、似たような結果になるのでは、と予想します。

 

スパイスが平気な人はお試しください。

パソコンにソフトをインストールしなくても作れる3D図面

わけあって、自分で3Dの図を作成しないといけなくなりました。

パソコンに3D作図のソフトなんて入っていません。

 

ソフトを使うとしても、お値段の高いソフトを購入しなければいけないのでは?と迷っていました。

 

作図といっても、下の図のような簡単な形です。

 

ワードやエクセルを使ってむりやり3D風に仕上げることも可能ですが、やや無理やり感が出てしまいます。

 

そこで、ネット上でいろいろと検索していたところ、なんと、ネットにつながっていればブラウザのなかで作図できてしまうサイトがあるではありませんか。

 

外国のサイトなので、英語が基本ですが、無料に勝るものはありません。

 

メールアドレスの登録が必要ですが、さっそく試してみました。

 

最初、使い方がよくわからず苦労しましたが、子供がスマホ操作を覚えるように、感覚的に操作できるようになっています。

 

ボタンが英語で表記されているため、どんな操作になるかわかりません。

操作ボタンを押しては元に戻し、、、、の繰り返しで、なんとか操作を覚えることになります。

 

数日も使えば、簡単な図は作成できるようになります。

小さいサイコロが積みあがったような図なら、十分な完成度でできます。

 

それよりも、3Dの図を自分で作成できた点の方がうれしいですね。

しかも、無料で。

 

3d ブラウザ 無料

といったキーワードで検索すると、おすすめのサイトを紹介しているページが挙がってきます。

 

これぞネット技術、デジタル技術ですね。

 

眼がつらかったのですが、楽しい数日間でした。