yugusuki’s blog(ゆぐすきブログ)

ウェルネスに興味ある中年男性のいろいろブログです

お酢を作る酢酸菌が花粉症に良いそうです

花粉症に苦しまされている真っ最中です。

くしゃみに始まり、次第に頭がぼーっとしてきます。

点鼻薬でしのいでいますが、一時しのぎです。

 

花粉症を薬でなく舌下免疫療法で軽減

舌下免疫療法という治療法を試したことがあります。

毎日1回、スギ花粉の入った液を舌の下に入れて、しばらくたったら飲み込むのです。

これを3年程度続けます。

 

確かに症状は軽くなったのですが、ヒノキ花粉の季節になると、モードが変わって症状がひどくなります。

いまのところ、スギ花粉用とダニ用しかないようです。

 

酢酸菌が花粉症によいわけ

ところで、花粉症になりやすい、なりにくいの差は、衛生環境によるという説があります。

きれいすぎる環境で育つと、花粉症になりやすいのだそうです。

きれいすぎると、ばい菌を免疫でやっつける必要があまりないので、免疫が暴走してアレルギーになりやすいのだとか。

 

ですので、ばい菌などの菌にさらされると、免疫機能がちょうどバランスをとって、花粉症にもなりにくいのだそうです。

 

そんな菌は、ばい菌だけでなく、ほとんど無害の菌もあるのです。

それが酢酸菌という、お酢を作る細菌なのだそうです。

 

f:id:yugusuki:20210228124131p:plain

 

酢酸菌はどこにいる

お酢ではなくお酢を作る酢酸菌という細菌が花粉症対策に良いという点が重要です。

 

お酢を作る酢酸菌は、空気中にもわずかに漂っているそうです。

日本酒を長期間置いておくと、酸っぱくなるのは、酢酸菌によってアルコールが酢(酢酸)に変化するからです。

 

そんな身近な酢酸菌を体内に取り込んでも、あまり健康に影響しないのです。

ひょっとしたら、飲んだお酒を分解する手助けをしてくれるかもしれませんね。

 

でも、酢酸菌をあえて摂ろうと思っても、どんな食品に大量に含まれているかわかりません。

お酢を飲むのであれば簡単なのですが。

酢酸菌が含まれる食品は

干しブドウ、干し柿、米ぬかなどに多く含まれています。

なんとナタデココは、酢酸菌のチカラによってつくるそうです。

 

干し柿や干しブドウは、空気中の酢酸菌を表面にたっぷり付着していそうですね。

 

そんな食品以外で、サプリに近いものとしては、にごり酢や黒酢です。

酢を作ったあとに精製せずにそのままの状態であれば、酢酸菌もたっぷりです。

 

花粉症対策の一つに酢酸菌はいかが

花粉症に酢酸菌が有効かもしれない、という研究結果は、わりと最近知られた事実のようです。

花粉症を薬で対処療法するのも良いですが、なんとか根本的に症状を軽減したいものです。

酢酸菌という身近な連中に助けてもらえるなら、積極的に食べてみたいですね。

 

 

俳優と歌手で年齢による下り坂が激しいのはどっち

俳優と歌手を比べて、どっちが良いとか悪いとか、私がとやかく言う資格はありません。

年齢を重ねると、見た目やワザに陰りが見えるのはしょうがないことです。

 

俳優と歌手と、どちらが加齢の影響を受けやすいのでしょう。

ちょっと考えてみました。

  

f:id:yugusuki:20210211161111p:plain

俳優さんはセリフを覚え続けるノルマがある

老人役もありますので、年齢を重ねても俳優業の需要はあるのでしょう。

 

若いときよりも見た目は若干衰えるのかもしれませんが、役作りという点では、年齢は関係ありません

 

ですので、年齢を重ねても俳優業は続けやすいのでは、と思ってしまいます。

 

しかし、大切なポイントがあります。

 

俳優さんは、新しい映画やドラマごとに、セリフをすべて覚えなければなりません。

年をとってから丸暗記って、かなり負荷がかかると思うのです。

それを難なくやってのける俳優さんは、すごいのだと思います。

 

一方、記憶力以外はどうでしょう。

俳優さんは、表情が命と思えるのですが、顔の表情筋を自由自在に扱えるなら、名演技を長く続けられますね。

顔の表情筋が硬直しない限り、演技のうまさは、年齢を重ねてもあまり下降しないと予想します。

 

歌手は声量を保つためにトレーニングを続けるノルマがある

これに対して、歌手はどうでしょう。

 

ヒット曲をいくつも持っている人は別ですが、決まった歌を同じように歌うという点では、あまり記憶力に頼らなくてもよさそうです。

 

年齢を重ねて最も困るのは、「声」ではなでしょうか。

 

以前と同じキーの高さで歌えない歌手さんがちらほら見受けられます。

 

声帯を自在に動かすことは、カラダの一部を自由自在に動かすことです。

体力が落ちてきたカラダにとって、声帯を思い通りにあやつることは、難しいと予想します。

 

筋トレと同じで、依然と同じように歌うためには、トレーニングの継続が必要です。

ボイストレーニングという「筋トレ」のようなものを続ける必要があるといえそうです。

 

こんなことを考えると、年齢を重ねた歌手は、カラダの維持が大変そうです。

 

どちらであっても加齢しても維持するのはけっこう大変

俳優であっても歌手であっても、まずは見た目を整えてからカメラの前に立ちます。

プロですから。

技術の進歩によって、年齢を重ねても、それなりに若く見せることは可能のようです。

 

でも、セリフ、または、声量といった、肝となるものは、やはり自分自身のご努力で維持するしかないのでしょう。

 

記憶するための頭の維持であったり、声帯をあやつるカラダの維持であったり、努力しないとプロとしてカメラの前に立つことはできない、と予想します。

 

といったことを考えると、俳優や歌手って、けっこうすごいことを平気な顔をして実行してるのではないだろうか、と思ってしまいます。