yugusuki’s blog(ゆぐすきブログ)

ウェルネスに興味ある中年男性のいろいろブログです

血が廻れば体が整う、お金が廻れば経済が潤う、人が動けば?

年齢を重ねるとカラダの新陳代謝が落ちていることを実感します。

 

新陳代謝が落ちているから寒さがこたえます

表面だけでなくカラダの芯が冷えるような感覚。

 

発熱量も落ちているのでしょう。

熱い風呂に入って温めると調子がよくなりますから。

 

f:id:yugusuki:20220114225225p:plain

 

人工的にエネルギーを与えてやらないとなかなか動けない、そんなカラダが中年後半に差し掛かったカラダです。

 

血液が廻れば調子いいのですよ。

 

世の中も同じようです。

経済の血液はお金でしょうか。

 

お金の量が多い方がいいのでしょうけど、量よりもどれだけお金が動くかが大切なようです。

 

GDPだって、お金が動けば動くほど数値が上がります。

経済活動って結局はお金が巡ることです。

 

手持ちのお金が少なくても、常にお金が入って出ていれば、それなりに裕福な暮らしになるハズです。

 

では、仕事において人が動けばどうなるのでしょう。

同じ会社、同じ職場、同じ作業ばかりせずに定期的に会社や職場が変わるとしたらどうなるでしょうか。

 

まず、人的資源のミスマッチが減るでしょう。

人手不足といわれている業界に人が集まるようになるでしょう。

 

いまでも続いている終身雇用のカタチがなくなるでしょう。

そのかわり必要とされなくなったらすぐに解雇されるかもしれません。

 

日本人はなかなかこういった環境を好まないかもしれません。

でもよく考えると、今の世の中の硬直状態は、人が動かないのが原因かもしれません。

 

職人気質でそればっかり続けるのもいいですが、環境の変化に応じて次から次へと仕事ができれば、収入には困らないかもしれません。

 

どちらがいいかはわかりませんが、今の資本主義、グローバル世界のなかでは、終身雇用のような硬直した状態はふさわしくないのではないかなと思います。

 

ただでさえ人口が減り始めているのだから、人余りと人不足のミスマッチを解消しないと、何も前へ進まない仕事ばっかり溜まっていきそうです。

 

今の世の中、血液もお金も人流も、動きが活発な方が良いとされるようです。

 

 

自分のお金なら大金つかって宇宙へ行ってもいいじゃない

とある資産家が宇宙旅行に行って帰ってきましたね。

宇宙に興味のない人にとってはどうでもいい話かもしれません。

 

そんな旅行はお金持ちでないとできませんから、関係ない話として無視している人もいるかもしれません。

 

f:id:yugusuki:20220108223514p:plain

 

派手なことするなぁ、と傍観している人もいるかもしれません。

 

何をしようと、自分で稼いだお金なら、宇宙船に乗ろうが月へ行こうが自由です。

そこまで到達できるのは一握りの人しかできませんから。

 

お金を持っていることに対して妬みを持ったりする気持ちはわかります。

人間ですから。いいよなぁ~という感情です。

 

おそらく男性のなかでもそんな気持ちを持ってしまう人は山ほどいると思います。

私も頭のなかで一瞬そのような感情がわきます。

 

しかし、よく考えたら自分で稼いだお金で好きなことにお金を使っているのだから、とやかく言う資格はありません。

 

単なるニュースです。

 

近年、SNSが発達して個人がいろんな写真や動画を公開できるようになりました。

承認欲求もあるのかもしれません。

 

でも、所詮は個人の行動の記録です。

内輪のグループ内で連絡をとり、「あぁそうなのね」で終われば何の問題もないのです。

 

話は変わりますが、年始にもらった年賀状に、家族で温泉旅行へ行った写真が写っていました。

いかにも幸せそうで、みんな美男美女で、非の打ちどころがない。

 

これを見てどう思うかは、見た人がどのような状況にいるかによってかなり変わります。

 

自分自身が充実感を持って生活していれば、単なる「ニュース」でしょう。

何かに苦しんでいる状況なら、なんでこんな写真送って来るんだろう、とネガティブな感情を持つでしょう。

 

受け取り側しだいです。

 

でも、送る側はそんな状況なんてまったく知りませんから、少し自慢したいだけの、ただの報告のつもりで送っています。

 

送っている側になんの悪気もないのです。

 

しかし、悪気がないというのは、非常にきついことだってあるのです。

手加減がありませんから

 

こんな感情は、年齢を重ねてから気づきます。

年賀状やSNSでむやみに写真や動画でアピるのは、受け取り側の心情をまったく考慮していないと。

 

なので、受取側がどんな感情で見るのかを考えてから、自分の写真や動画を決める、という知恵を身に着けました。

年齢を重ねたからこそ気付いたのです。

 

特に男性は、こんな気遣いしない人が多いですからね。

若いときは逆にしない方がよいと思います。エネルギーをそぐことになるので。

 

男性と女性のすれ違いも、こんなところから起こる場合があるのでは、と思います。

もはや恋愛するような年齢でなくなったときに気付くのです。

 

共感力ってほどほどに持っておく方がよいのかもしれません。