yugusuki’s blog(ゆぐすきブログ)

ウェルネスに興味ある中年男性のいろいろブログです

ラジオがほとんどFM化

ラジオを聞かない人にとっては、どうでもいい情報かもしれません。

 

でも、今まで中波のAMラジオを聞いていた人にとっては、びっくり情報です。

800kHzとか、1400kHzとかでチューニングしていた中波放送が、NHKを除いてほぼFM化されるのだそうです。

 

f:id:yugusuki:20210822185439p:plain

 

FM放送って、すでにNHKにも民法にも放送局があるのに、全部FMに寄せてくるのですね。

音の良さが売りだった音楽中心の民法FM局は、競争激化になるようです。

反対に、トーク番組が多かったAM局は、番組内容を練り直す必要があるようです。

 

FMラジオは、音がいいので音楽を聞き流すにはもってこいですが、建物のなかにいると電波が届きにくい場合があります。

電波が届く場合と届かない場合とで、聞こえ方が全然違います。

まるで、デジタル信号のようなふるまいです。

 

一方、AM放送は、中波の電波を使っているため音があまり良くありません。

けっこうアナログな聞こえ方になります。

雑音が多いけど一応聞こえている、そんなアナログな放送です。

 

NHKラジオは、中波AMを行わなければいけないと、法律で決まってるそうです。

なので、NHKラジオは今まで通りAMラジオを継続するそうです。

でも、民法ラジオのFM化に伴って、電波の種類を減らすそうです。

 

NHK第1、第2(中波AM)、NHK-FM(FM)の3つのラジオがあったのですが、どうなるのでしょうね。

全部で3つある放送が減るという情報もあります。教養番組が多い第2放送をなくして、ネット放送にでもするのかな。

 

民法ラジオは、すでに試験放送でFM放送を始めていますね。

FM化するほうが、設備維持費が少なくなるそうです。

出力(電力)も少なくてすみようです。

FM放送で使う電波の性質上、遠くまで電波が飛ばないので、あちこちに電波出力設備を作る必要はあるようですが、その設備が小規模ですむようです。

逆に、AM放送は、遠くまで電波を飛ばすために電力も必要であり、維持費が多くかかるということですね。

 

これって、結局、人口が減っていくなかで経営が今までよりも難しくなったということでしょう。

 

電波の使用は、総務省によって管理されている分、特権でもあります。

FM電波を使って、放送だけでなく、何か新しいデジタル技術も始まるかもしれませんね。

 

ラジオは、「ながら聞き」ができるメディアの1つです。

寝入るときにタイマーをかけて、機器ながら寝るというワザもできます。

そんな音声コンテンツの電波が、ほとんどFM化されます。

 

NHKのAM放送で深夜に「ラジオ深夜便」を聞いている、なんちゃってリスナーなのですが、FM化されるとどうなるのでしょう。

 

NHK第1放送がなくなるのか、NHKFMで放送されることになるのか、、、、

NHK第1で聞いているときと、NHKFMで聞いているときとで、アナウンサーの声質が変わるんです。

 

AM放送でしっとりぼんやり聞こえていたアナウンサーの声が、妙にキビキビとはっきる聞こえるのです。

 

寝る前に聞く音質は、AMラジオの方がいいのかもしれませんね。

 

聞こえているけど、あまり音質がよくないなかで、ダラダラと寝入るのが良いのかもしれません。

豊かな生活は自己管理責任を押し付ける

子供の頃、明治大正生まれのじいさんやばあさんと暮らしていました。

戦争経験者です。

食べ物がなかったこと、お金がなかったこと、あまり詳しく聞いていませんが、物がなくて困った時期があったと聞いています。

 

そのせいでしょうか。

今の豊かな生活が、必ずしも当たり前ではないという意識がどこかにあります。

同世代の人とは少し考え方が違う、と自分でも気づいています。

 

でも、実際そうなのです。

戦後の貧しい生活から、もう60年経ったともいえますが、まだ60年くらいしかたっていません。

f:id:yugusuki:20210822185216p:plain


物がない時代は、生きていくだけで精いっぱいです。

世の中の制度もあまり整っていなかった分、なんとなく他人様と寄り添って、あうんの呼吸で助け合っていたのだと思います。

食べ物を分け合うこともあったでしょう。

人と人との距離感が近かったのです。

 

一方、いまやどうでしょう。

決して今の世を批判する気はないのですが、個人の時代です。

 

お金を稼ぐ、結婚する、子供を持つ、おいしいものを食べる、、、、

どれも自分で判断します。

したくなければしなければ良い、という時代です。

自分自身でなにもかも判断する時代です。

 

ですので、基本的に他人に頼ることはいたしません。

人との距離感がやや遠くなっているともいえます。

この方が心地よいというのもわかります。

 

しかしそうなると、他人様のおせっかいに耳を傾ける必要がなくなります。

おせっかいには、自分にとって良いこと、悪いこと、すべて含まれています。

ですから、良いおせっかいを無くした分、自分自身で気づいて行動しなければいけません。

 

例えば、食べ物について考えてみます。

おいしい食べ物であれば、スーパーやコンビニでいつでも買えます。

食べる量も自分で制限しない限り、いくらでも食べられます

 

自分で自分の行動をちゃんと自制できる人はよいです。

しかし、自分をコントロールできる人って、少数派ではないでしょうか。

 

自己管理しないと、自分が気づかないまま、悪い方向へ突っ走ってしまう危険だってあるのです。

 

食べ物なら暴飲暴食へ、恋愛なら二股三股へ、人間関係なら暴言いじめへ、

自分の感情を制御できずに暴走してしまうことだってあります。

 

以前は、年長者が言い聞かせて止めることもあったでしょう。

(年長者が出る杭を打っていたとも言えますが)

 

自分の行動をコントロールするのは、もはや自分しかいません

いろんな意味で選択肢が増えた今の世の中では、すべて自分で気づき、すべて自分で決めて、すべて自分で行動しなければいけません。

 

自らドンドン進める人にとっては良い時代かもしれません。

自分で決められない人にとっては、どうなのでしょうね。