yugusuki’s blog(ゆぐすきブログ)

ウェルネスに興味ある中年男性のいろいろブログです

世の中

血が廻れば体が整う、お金が廻れば経済が潤う、人が動けば?

年齢を重ねるとカラダの新陳代謝が落ちていることを実感します。 新陳代謝が落ちているから寒さがこたえます。 表面だけでなくカラダの芯が冷えるような感覚。 発熱量も落ちているのでしょう。 熱い風呂に入って温めると調子がよくなりますから。 人工的にエ…

お隣の国と比べてやっと状況を自覚した国

所得が上がらないまま、ついにお隣の国に抜かれたのだとか。 まだまだ追いつかれないだろうと、どこかで油断していたら、いつの間にか先進国のなかで最下位レベルなのだそうです。 統計の方法によってどうにでも評価できそうな気はしますが、でも実際のとこ…

有名占い師さんの占いを見ましたか?来年は劇的に変わるそうです

おととしの時点で、昨年のコロナ禍がもっとひどいことになると予想して的中させてしまった、超有名な占い師さんがいますね。 顔を出していない男性の占い師です。 この方の占いによると、今年は準備期間で、来年に世の中が大きく変わるのだとか。 そう願って…

年賀状の習慣はいつまで続く

はがきを1枚郵送するには、数十円かかります。 もし、メールで伝えようとしたら実質無料で送れます。 年始の挨拶という慣習は、アジア人的といいますか日本人的といいますか、決して悪いことではないと思います。 でも、その慣習のために費用と時間を使って…

2022年が始まりました

毎年感じることですが、年齢を重ねるごとに、新年を迎える準備が簡素化していきます。 「まぁこれくらいいいか」もありますが、「わざわざ年末にまとめて片付けなくてもいいのに」という気持ちもあります。 実際、寒くなる前の秋に大掃除をしてみたり、年が…

メタバースの賛否はあるけれどいつの時代でも逃げ込める場所は必要

アメリカの有名なSNSサービス会社が社名を変えました。 ニュースを知るまで「メタバース」なんて知りませんでしたけど。 仮想空間でなんでもできるようになっちゃうんですね。 体が不自由な人にとっては朗報だと思います。 カラダが動くかどうかなんてどうで…

普通に信じていたものを普通には信じられなくなった時代

多様化の時代といわれています。 いろんな価値観があるのがあたりまえ、だからいろんな価値観を認めましょう。 その通り、大賛成です。 しかし、ものごとにはどうしても表裏の関係があります。 いろんな価値観を認めるということは、「こうあるべき」を否定…

この世から居なくなる自分を意識するとリアルでがんばれるかも

かなり逆説的ですが、自分の最後を意識すると、今の生活をがんばれませんか。 あと数十年で自分が消えてしまうという意識があれば、やっておきたいことに向かってがんばれるような気がします。 性格によるのかもしれません。 できるだけ楽して暮らしたいと思…

ウイルスの生き残り戦略を見習ったらどぉ

人間様をこらしめたいのか、ともに仲良く暮らしたいのか、 ウイルスの挙動は予想がつきません。 意思があるわけでもないのに、まるで意思があるかのようなふるまい。 意思を持つ人間様も見習ったらいいのかも。 自分たちの勢力を増やすために、はじめは強力…

他人様をどうこう言うのはほどほどに

ひょっとして日本という国は、いまだに大きな村社会か?と思うときがあります。 他人様がやらかした言動をやたら批判してしまう。 自分が思う「こうでなければいけない」を他人様に対してぶつけてしまう。 そんな感情でしょうか。 そんなとき、自分では「良…

しょせん言葉は伝わりそうで伝わらない道具

野生動物になく、人間だけが使える(と思われている)道具、それは言葉。 会話によって意思を互いに確認できるのは、人間だけかもしれません。 特に、細かい感情を伝えることができるのは、言葉が発達しているからでしょう。 でも、きちんと意思が伝わってい…

自分に意思ってあるのかな

自分に意思があるなんて、あたりまえじゃないの? よく考えてみてください。 死んでしまったらただの物質になるカラダがなんで動いているのでしょう。 いまの意思は、このカラダに自分がいるからこそあるのでは。 このカラダは、いつか出ていく借り物ではな…

大昔のパンデミックに勝ち抜いた人の子孫が我々

この数年で経験したパンデミックのせいで気づきました。 人類はなんども疫病に苦しめられたという歴史があったのですね。 命を失ってしまう疫病もたくさんあったようです。 そんなウイルスに打ち勝った人だけが子孫を残しているとも考えられます。 もちろん…

日本経済をまわすための副業の推進

給料が上がらないなかで経済成長しようとしている日本。 人口が増えないなかでさらに発展しようと目標は高い日本。 だれがやるの? 日本の強みは、以前は総中流といわれた庶民の力でしょ。 大企業よりも中小企業でしょ? もし、一般庶民全体が自分のチカラで…

有名になりすぎたmRNAでインフルエンザワクチンも作ってみたらどぉ

昨年、マスクによって防がれてしまったインフルエンザ。 インフルエンザは、1年間人間様を襲わなかったので、免疫が落ちてしまった人間様を攻撃する可能性があるそうです。 コロナウイルスと競争しなくてもいいのに、今年の冬はインフルエンザが勢力を拡大…

私設私書箱というサービス

宅配物を自宅でなく、郵便局などで受け取ることは可能です。 決してあやしいものを買ったのでなく、職場で使うものを職場の近くで受け取りたいのです(笑)。 宅配でこんなサービスがあるなら、郵送される手紙ではどうでしょう。 郵送物を自宅以外で受け取れ…

こんな展示会もあるのですね資産運用EXPO

技術系のお仕事をしている方は、秋になるといろんな展示会が開催されること、ご存じですね。 いわば、企業同士のマッチングサービスの実地タイプといいますか。 売り手側が大きな会場で展示会をして、営業活動、マーケティング活動をするという企業同士のお…

つらくてもムチ打ってまじめに進むかヒトをだましても楽な方へ進むかのバランス

しょせん他人様のチカラを借りないと生きていけない人間様です。 ひとりで生きていけている気がしていても、実は他人様にどこかで頼っています。 無人島でサバイバル生活するなら独りで生きていくことになりますが、都市生活をしている以上、あかの他人様に…

人間が減るから今までの歯車ではダメなんだ

世の中のしくみを変えなければいけない、みんな気づいています。 逆にいえば、今まではなぜうまくいっていたのか。 それを考えれば、大切なポイントも見えるかもしれません。 ズバリ、戦後の日本は人口が増えていく状況だったから成長できた、かもしれません…

整理整頓は部屋だけでなくネット個人情報にも必要

これからやっと日本はデジタル社会になりそうな気配。 デジタル社会になって便利になるのは良いこと。 でも、デジタルネット社会で最も心配なのは、セキュリティです。 個人情報が漏れてしまうのが、最も心配です。 いろんなサービスを利用していると、アカ…

公共放送のしれっとした挑戦

受信料で運営されている公共放送だからこそできる番組って、ありますね。 災害時の情報番組が最もわかりやすいです。 いざというときのために(少し高い)受信料が使われるのなら、まあいいかと思ってしまいます。 公序良俗に違反するような内容は放送できな…

いろんな感情を歌で表現できる才能

歌とは、そもそも感情を表現したものです。 はやりの歌のほとんどが恋愛系であるため、惚れたハレたの感情だけが歌の世界のように錯覚します。 でも、人間の感情が大きく動く場面って、人を好きになる場面だけではないはずです。 ポジティブな感情もネガティ…

アイドルの世界も今までと違う

アイドル文化は日本だけのものかと思っていました。 でも、よくよく考えると韓国でもアイドルグループは存在します。 日本のアイドルとは少し違いますけど。 ダンスのうまさが高く評価されるようになったので、歌のうまさと同等に、ダンススキルが高く評価さ…

こわごわビデオ会議に慣れてみるのも時代についていくための試練

仕事でWeb会議を経験した人は、だいぶ増えたでしょう。 仕事のときは近くに同僚がいますから、Web会議の接続に困ったとしてもなんとかなったでしょう。 もし、自宅でZoomを使う場合、自分でぜんぶ設定して、無事にオンラインミーティングできる自…

忘れることは大切だが矛盾の始まり

長く生きていると、いいことばかりでなく、悪いことも起きます。 でも、悪いことをどんどん忘れることができるからこそ、人生を楽しくできるのです。 忘れるって大切です。 というより、忘れるように脳ができあがっています。 そんな都合のよい脳のせいで、…

ラジオがほとんどFM化

ラジオを聞かない人にとっては、どうでもいい情報かもしれません。 でも、今まで中波のAMラジオを聞いていた人にとっては、びっくり情報です。 800kHzとか、1400kHzとかでチューニングしていた中波放送が、NHKを除いてほぼFM化されるの…

豊かな生活は自己管理責任を押し付ける

子供の頃、明治大正生まれのじいさんやばあさんと暮らしていました。 戦争経験者です。 食べ物がなかったこと、お金がなかったこと、あまり詳しく聞いていませんが、物がなくて困った時期があったと聞いています。 そのせいでしょうか。 今の豊かな生活が、…

日本の次の不連続点はいつ

幕末から明治にかけて日本は大きく変わったのだと思います。 学校で近代史を習っていた頃は、歴史なんて興味もなかったのですが。 暦を無理やり旧暦から西暦に変えたとか、戸籍制度を始めたとか、 とんでもない変化を明治政府が始めたことは、想像するだけで…

ワクチン接種が進んだあとの未来

ワクチン接種が進んでいます。 2回接種すれば、なんとかなる、感染して死ぬことはない、と楽観している人がほとんどかもしれません。 最近までは、私も楽観していました。 しかしどうでしょう。 ワクチン接種だけでは元のような生活ができないように思えて…

良い意味で管理されていない日本

「危機的状況」、「かつてない状態」、こんな言葉を何度も聞きました。 聞きすぎてしまったようです。 「オオカミが来るぞ」と何度も言われてしまって、聞く耳を持たなくなってしまったかのようです。 医療設備が危機的な状況にあるのは本当なのですが、だか…